光触媒とは…

光触媒とは、二酸化チタンコーティングの事で、既に気付かない所、 例えばビルの外壁、タイル、エアコンのフィルタ−などで多く活用されています。 二酸化チタンが紫外線と反応して汚れを分解し、雨水で流れ落としたり、タバコやアンモニアなど嫌な臭いも分解します。 いわゆる「セルフクリーニング」です。 その他にも殺菌効果やシックハウス症候群の原因にもなっているホルムアルデヒドをも軽減します。 人体にも一切外がないコーティング剤なので、食品工場や医療器具などにも使われています。

               

「光触媒塗装」で、室内環境改善!!

住まいの悪臭「タバコ・トイレ・建材からの臭い」はシックハウス症候群などの危険信号です。 気になる臭いの多くは、有害化学物質から発生します。 確かな消臭には「光触媒」による有害化学物質の分解除去が有効です。 新建材から放散を続ける臭気、トイレやゴミ置き場から出る臭気は完全に無くなることはありません。 ですが、常に臭気濃度を下げ、不快感のない状態にする消臭対策は可能です。 「光触媒塗装」は、有害化学物質を光触媒で分解し、長期にわたって消臭効果を発揮します。